2008年08月09日

結婚式費用の分担とその傾向

【結婚式費用】の分担は少し前までは、男性側が負担することが多かったといわれています。
しかし、最近では親が負担するという概念よりも、【結婚式費用】の分担を当事者で行うことも多くみられるようです。
特に、東京や大阪などの都市部においては、【結婚式費用】の分担を折半する傾向がみられるといわれています。
これは、東京で共働きをしているカップルが、【結婚式費用】の分担を平等にしようという考えがあるためではないでしょうか。
更には、地方出身の東京在住者も増えている為、【結婚式費用】を考えた上で、海外挙式などという選択を下す人たちもいるようです。

【結婚式費用】の分担を新郎側、新婦側で二分する場合であっても、出席者の人数によって負担割合を計算するなどということもあるようです。
また、新郎新婦の親も【結婚式費用】の分担を希望する場合には、新郎新婦と合わせて4人で費用を支払うということもあるでしょう。
結婚式費用をこつこつと貯めている人も居ると思いますが、【結婚式費用】支払いの際に、クレジットカード払いや、分割払いにする人も居るようです。
【結婚式費用】の分担は、費用がどのくらいかかるのかにも大きく左右されるといわれています。

【結婚式費用】の分担で問題が生じるということも時にはあるようです。
お金の問題は大変シビアですので、【結婚式費用】の分担で揉めないように、結婚式を行わないという人もいてもおかしくないかもしれません。
ハワイやバリ島など、海外挙式も根強い人気がありますが、【結婚式費用】の分担という観点から海外挙式を選択する人もいるようです。
また、最近ではジミ婚が主流になってきていると言われていて、ハウスウェディングを会費制でおこなって、【結婚式費用】の分担を単純化しようという傾向もみられます。

【結婚式費用】の分担については、カップルの考えや育った家庭の考え方も大きく影響してくることでしょう。
自分たちがどのような結婚式をしたいか、という希望を元に、【結婚式費用】の分担について世間はどのように考えているのか、インターネットで情報を集めてみるのも良いでしょう。
結婚情報サイトやQ&Aサイトなどで【結婚式費用】の分担についてのアンケートや、口コミが読めるサイトも多くみられるようです。
実際に体験したことが書かれているという点から、【結婚式費用】の分担に疑問がある人にはお役立ちのサイトとも言えるでしょう。
働きながら結婚式の準備をする人たちにとっては、【結婚式費用】の分担も含めて、情報をインターネット経由で収集するのも賢い方法ではないでしょうか。
posted by 結婚情報通 at 00:32| 結婚式費用